過労死

 過労死(かろうし)とは、周囲からの暗黙の強制のもとで長時間残業や休日なしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、働き盛りのビジネスマンが脳溢血、心臓麻痺などで突然死することである。

 心筋梗塞、脳出血、クモ膜下出血、急性心不全、虚血性心疾患などの脳や心臓の疾患が原因で起こる。近年、過労死は40〜50歳代から30歳代にまで広がっている。女性にも増えているとは言え、未だに過労死する者の圧倒的大多数は男性である。また長時間労働による鬱病や燃え尽き症候群に陥り、自殺する者も多い。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ