凍死

 凍死(とうし)とは、外界の気温などが体温調節機構の限界を超えるほどに低くなり、その結果として循環機能や神経機能が麻痺し、ついには死亡することをいう。

 凍死は大部分が事故、災害によるものであるが、ときに乳幼児や精神病者等に対する虐待(戸外放置や暖房のない室内放置)の結果としておこる場合もある。凍死の発生条件としては環境温度が低いことがあげられるが、その温度は零下である必要はないため、凍死体に凍傷が存するとは限らない。また、風呂あがりに身体がぬれたまま扇風機の前に立つと、異常に寒く感じることはよく経験されるが、このように通風とか湿気も体熱を奪う重要な条件である。とくに全身が冷水につかった場合、それが5℃の水温であると、数時間以内で凍死するといわれている。こうした条件のほか、着衣の厚薄、年齢、栄養状態、疲労程度、創傷・疾病の有無、酩酊などが関係する。とくにアルコール酩酊時には、中枢機能の失調、皮膚血管の拡張がおこり、著しく体温が放熱されるので凍死する危険性は高い。

 凍死の経過は、興奮期、失調期、麻痺期、虚脱期の四期に分けられ、最後は心室細動、呼吸麻痺、酵素活性の低下などを惹起し、死に至るが、死亡時の直腸温は26〜30℃内外まで低下するといわれる。一般に凍死体は特異所見に乏しいが、右心房・心室内血液の暗赤色に対して、左心房内は鮮紅色を呈することが多く、これは、死亡直前に吸引した冷気中の酸素が左心系血液のヘモグロビンと結合するためで、凍死体に特有ともいわれている。そのほか、死斑が鮮紅色になることも知られているが、これは、皮膚からしみ込んだ酸素が同部のヘモグロビンと結合するためで、凍死以外の死体を低温下に置いても認めうる所見である。なお、凍死体のなかには、原因はよくわからないが、着衣を脱ぎ捨て、ときには全裸で発見されるという報告がある。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ