老衰死

 老衰死(ろうすいし)とは、外傷や病気などでなく、自然に亡くなった場合、すなわち、自然死のことを指して言う。通常、病死とは異なるものとして扱われる。

 ただし、近年における医療技術の進歩により、純然たる老衰が死因となることが少なくなっている。これは、老齢による代謝・免疫・回復能力の不全による死因は本来、老衰とされるべきであるが、診断上は肺炎・多臓器不全・脳卒中などの病死扱いとなることが多いためである。

 ベニクラゲのようなごく一部の生物を除いて、ほとんど全ての生物個体は老衰から逃れ得ず、最終的に寿命が尽きて死を迎える。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ