窒息死

 窒息死(ちっそくし)とは、主に呼吸が阻害されることによって血液中のガス交換ができず血中酸素濃度が低下、二酸化炭素濃度が上昇し内臓や身体に重要な組織が機能障害を起こし死亡することである。

 鼻や口の閉鎖、異物による気道の閉鎖、溺死、生き埋め、空気中の酸素欠乏などがある。そのほかにも薬物などによる呼吸筋の麻痺、痙攣などの際にも起こる。窒息死体には共通して血液の非凝固性、内臓の鬱血、粘膜や皮膚の溢血、死斑の増大などが見られる。

 窒息に陥った場合速やかに応急措置を加えなければ患者は仮死状態、死へと向かう。死亡までの主な症状の推移として 呼吸困難→チアノーゼ→呼吸停止の経過をとる。

 過失による窒息の原因の多くは気道内に異物が詰まることによる事故である。乳幼児や高齢者に多く見られ、これら二者の不慮の事故原因のトップである。飴玉、豆、入れ歯、餅等をのどに詰まらせる場合が多い。乳幼児は目に付いたものを何でも口に入れる傾向があるので注意が必要である。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ